ロフトって使える?

ロフトって使える?

 一時期はやった、ロフト付き物件、もちろん今でも多くの1人暮らし用の物件にはロフト付きのものがあります。
 ロフトの高さによっても異なりますが、はしごの付いた高い位置にあるロフトというのは、実はあまり便利なものではありません。

 

 

 

 実際そこで寝るとなると、トイレに行くのにいちいちはしごを使う必要があります。では物置に、となると、今度は荷物の上げ下ろしが大変になってきます。
 ただし、狭い部屋を広く使えるという利点は当然ありますから、ロフトが合ったほうが有利がどうかを考えて選びましょう。部屋の広さが一緒で家賃も一緒であれば、ロフト付きを選ぶのも悪くはありません。

 

 

 

 低いロフトも最近は増えてきました。こちらのタイプは、通常ロフト下が収納スペースになっています。
 上り下りが楽で収納も増えるので便利といえば便利です。ただ、高さが半端なので、本当に寝るためだけの場所になってしまいがちです。ロフト以外の場所でTVを見ながらくつろぐとなると、今度は別にソファーなどを用意したくなってしまうこともあります。

 

 

 

 ロフト付き物件をやたらおススメしてくる業者もいますが、それほどの魅力があるかは実際に暮らしてみないと分かりません。ロフト付きかどうかはあまり重視する必要はないと思います。

 

 

 

 

ロフトって使える?関連エントリー

駐車場や駐輪場が必要な人にも地域選びが重要
駐車場や駐輪場が必要な人にも地域選びが重要
賃料の相場はとても大切です
賃料の相場はとても大切です
賃貸物件に住むメリットはたくさん!
賃貸物件に住むメリットはたくさん!
公営住宅の種類
公営住宅の種類
騒音トラブルにならない為に
騒音トラブルにならない為に
敷金の返還に関する知識
敷金の返還に関する知識
賃貸で二世帯住宅に住む
賃貸で二世帯住宅に住む
賃貸物件のオンシーズンとオフシーズン
賃貸物件のオンシーズンとオフシーズン
賃貸物件探しの時期
賃貸物件探しの時期
賃貸物件の種類
賃貸物件の種類
賃貸は、部屋の鍵もチェックしましょう
賃貸は、部屋の鍵もチェックしましょう
物件の仮押さえは可能?
物件の仮押さえは可能?
アパートとマンションの違いって?
アパートとマンションの違いって?
悪質な不動産業者って?
悪質な不動産業者って?
不動産物件の賢い選び方
賃貸を賢く活用しよう!について
仲介手数料が無料?
賃貸を賢く活用しよう!について