物件の仮押さえは可能?

物件の仮押さえは可能?

 気に入った良い物件があれば、とりあえずキープしておきたいと考えるのは人の常です。実際に仮押さえしておいて、もうちょっと物件を見て回るということは可能です。

 

 

 

 実際には、実際には、預かり金を払って、その後の募集をストップしてもらうことが出来ます。そして、やっぱりこの部屋がいいとなったら実際に契約することになります。預かり金は、契約金として使われますから、無駄な出費であったり、損をすることはありません。

 

 

 

 ここで考えておくべきことは、自分が仮押さえした物件よりもいい物件を見つけてキャンセルする場合です。
 これはあくまでも申し込みであって、契約ではありません。ですから、その後キャンセルすることも可能であって、キャンセルした場合には預かり金は帰ってくることになります。仮押さえする側には何らデメリットはありません。

 

 

 

 ですが、その分、大家さんはデメリットを被っていることを忘れてはいけません。あたなが仮押さえしていた期間に手に入ったかもしれない家賃収入がなくなっているということです。もしくはタイミングを逃して、その後長らく空き部屋になってしまうことだってあるのです。
 よほど本気でない限り、安易にキープすることはやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

物件の仮押さえは可能?関連エントリー

駐車場や駐輪場が必要な人にも地域選びが重要
駐車場や駐輪場が必要な人にも地域選びが重要
賃料の相場はとても大切です
賃料の相場はとても大切です
賃貸物件に住むメリットはたくさん!
賃貸物件に住むメリットはたくさん!
公営住宅の種類
公営住宅の種類
騒音トラブルにならない為に
騒音トラブルにならない為に
敷金の返還に関する知識
敷金の返還に関する知識
賃貸で二世帯住宅に住む
賃貸で二世帯住宅に住む
賃貸物件のオンシーズンとオフシーズン
賃貸物件のオンシーズンとオフシーズン
賃貸物件探しの時期
賃貸物件探しの時期
賃貸物件の種類
賃貸物件の種類
賃貸は、部屋の鍵もチェックしましょう
賃貸は、部屋の鍵もチェックしましょう
ロフトって使える?
ロフトって使える?
アパートとマンションの違いって?
アパートとマンションの違いって?
悪質な不動産業者って?
悪質な不動産業者って?
不動産物件の賢い選び方
賃貸を賢く活用しよう!について
仲介手数料が無料?
賃貸を賢く活用しよう!について